どっちがお得?dカードと楽天カードを様々な面から徹底比較!

どっちがお得?dカードと楽天カードを様々な面から徹底比較! 
クレカキング

dカードは実に便利なカードです。いろんなサービスでポイントを貯められますし、貯まったポイントが使える加盟店も多いです。ポイントの使い勝手の良さは、クレジットカードの中でもトップクラスです。

しかしそんな便利なdカードにも、強力なライバルが存在します。それは楽天カードです。

楽天カードも色々なキャンペーンでポイントを多く貯められますし、貯まったポイントは楽天の提携するサービスで利用できます。特に楽天市場は取り扱う商品が多く、必要なものはほとんど手に入れられます。

そんな便利な楽天カードとdカード、どちらを使うべきか?悩んでしまう人も多いはずです。

そこでこの記事ではdカードと楽天カードを様々な面から比較し、解説していきます。記事を読み終わる頃には、dカードと楽天カードの違いがよくわかるようになり、どちらのカードを使うべきか悩まなくなるでしょう。

年会費

まずはdカードと楽天カードの年会費を比較します。

dカード

dカードの年会費は初年度無料、翌年度も基本的に無料です。翌年度が無料になるための条件は、前年度に1回でもカードを利用していることです。前年度のカード利用がない場合、翌年度の年会費は1,250円(税抜き)かかります。

楽天カード

楽天カードは年会費が永年無料です。つまり翌年度もその次の年も、ずっと無料です。dカードと違って、前年度に一度も使っていなくても、年会費は無料なのです。

したがって年会費の比較では、楽天カードの勝利です。

還元率

次はdカードと楽天カードのポイント還元率を比較します。

dカード

普段のショッピングでdカードを利用すると、100円ごとに1ポイント貯まります。さらにdカード特約店やdカード加盟店でカード利用すれば、もらえるポイントが2倍、3倍にはね上がります。

楽天カード

楽天カードをショッピングに利用することで、100円ごとに1ポイント貯まります。これはdカードと変わりませんね。またポイント加盟店、もしくは楽天市場でカード利用すると、さらに2%のポイントを得られます。提携サービスを利用するだけで、還元率が3%になるのは美味しいですね。

そしてもっとすごいのは、楽天のSPU(スーパーポイントアップ)を活用することで、得られるポイントが最大13倍になることです。達成するための条件は、楽天サービスを多く利用することです。例えば楽天モバイルの利用でポイントプラス2倍、楽天トラベルの利用でポイントプラス1倍といった感じです。

したがって得られるポイントの量を考えると、還元率は楽天カードの圧勝です。

ETC

ETCカードを使うことで、有料道路の料金支払いがずスムーズになります。ここからはdカードと楽天カード、どちらのETCカードがお得かを比較します。

dカード

dカードのETCの年会費は、<初年度が無料で、翌年度も前年1回以上に利用で無料/b>になります。さらに100円ごとの利用でdポイントが1ポイント貯まります。

さらに会員保障制度により、財布からETCカードが盗まれても、被害額を補償してもらえます。ただしETCカードを車載器に差しっぱなしの場合は、適用されないのでご注意ください。

楽天カード

楽天ETCカードを利用すると、100円ごとに1ポイント貯まります。ポイント還元率はdカードと同じですね。

そして年会費は540円(税込)ですが、楽天のダイヤモンド会員もしくはプラチナ会員だと、年会費が無料になります。ただどちらも上位クラスなので、達成する難易度が高く、楽天サービスをたくさん併用しないと達成できません。

もしくは楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを保有していても、ETCの年会費は無料になります。いずれにせよETCの年会費が無料になるハードルは、dカードの方が低いです。

したがってETCカードをメインに使うのなら、dカードを選んだ方がいいです。

ポイントの使い道

ポイントの価値は使いやすさで決まります。いくらポイントがたくさんあっても、使えるお店が少ないと宝の持ち腐れですからね。ここからはdカードと楽天カードのポイントの使いやすさを比較します。

dカード

貯まったdポイントはdカードの特約店・加盟店で使うことができます。使えるお店の一例を挙げると、マクドナルド、ローソン、マツモトキヨシ、JAL、dデリバリーなどがあります。どのお店も知名度が高く、店舗数も多いため、利用先で困ることはないはずです。

特にdカードはローソンで使うと、大幅なポイントサービスを受けられます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

楽天カード

次は楽天カードのポイントの話です。貯まった楽天ポイントは、楽天のサービスで使えます。品揃えの豊富な楽天市場はもちろんのこと、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天モバイルなどの支払いにも使えます。

さらに楽天カードは実際の店舗にも対応しています。マクドナルドを初めとして、くら寿司、ミスタードーナツ、デイリーヤマザキ、ダイコクドラッグ、ビッグカメラなどでの支払いにも使えます。

したがってポイントの使い勝手に関しては、楽天提携サービスを含めると、楽天カードの方が上です。

まとめ

年会費、ポイント還元率、ポイントの使い道でdカードは楽天カードに到底かないません。楽天カードに太刀打ちできるのは残念な事にETCカードしかないようです。さすが楽天カードといった感じでしょうか?

しかし、もしドコモユーザーでゴールドカードを持つことを考えているのであれば話は少し変わってくるかも知れません。

一般的なクレジットカードでは太刀打ちできませんでしたが、ドコモユーザーにかなり手厚い特典が多いゴールドなら受けられる恩恵もかなり充実します。

dカードにこだわりがあるのであれば、dカード GOLDも検討してみてはいかがですか?

dカードをどうしても使いたい!

「dカードまとめ」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧