dカードminiとdカードプリペイドの使い方・お得なポイントの貯め方や特典などを紹介

カードminiとdカードプリペイドの使い方・お得なポイントの貯め方や特典などを紹介 
クレカキング

クレジットカードは確かに便利なアイテムです。これがあれば小銭のやり取りをせずに、支払いをすぐに済ませることができます。

しかし現代ではクレジットカードよりも便利な決済手段があるのをご存知でしょうか?

それは電子マネーです。ドコモでもiDという電子マネーを導入しており、コンビニやファミレスなどでの支払いに使うこともできます。

また、お金の管理が苦手ない人には、プリペイドカードがおすすめです。特にドコモのプリペイドカード「dカード プリペイド」なら、しっかり支払い管理をしつつ、dポイントを貯めることもできます。

この記事ではドコモの電子マネーが使えるようになる機能「dカードmini」についてと、dカード プリペイドのメリット、使い方、注意点などをわかりやすく解説します。記事を読み終わる頃には、これらのカードの魅力がよく理解できるはずです。

dカードminiとは?

dカードminiはドコモの電子マネーiDを使えるようにするサービスです。ただどの機種でも使えるわけでなく、対応機種はFelica搭載のおサイフケータイに限られます。

どの機種が使えるのかについては、ドコモホームページのFelica対応機種一覧をご覧ください。ちなみにiPhoneは対応していないです。

dカードとの違い

dカードを使っている人なら、「dカードとミニはどう違うの?」と思うはずです。その違いについても軽く説明しておきましょう。

簡単にいうと、dカードはクレジットカードで、dカードminiは電子マネーです。dカードは実物があるので財布に入れることができますが、dカードminiはサービス名なので、形がありません。

またクレジットカードは高額の支払いにも対応しているのに対し、電子マネーは少額の決済にしかまだ使えません。実際にdカードminiも毎月の利用限度額は3万円です。

大きな買い物ならdカード、コンビニやファミレスでのちょっとした買い物ならdカードminiと使い分けると良いでしょう。

dカードminiの特典・メリット

dカードminiがどんなサービスなのかは、分かっていただけたと思います。ここからはdカードminiを使うメリットを説明します。

ショッピング時にサインが不要

クレジットカードを使うと、一部のお店ではサインを求められることがあります。せっかく便利なサービスを使っているのに、わざわざ署名をするのは面倒ですよね?

しかしdカードminiなどの電子マネーなら、サインレスですぐに決済を済ませることができます。これは電子マネーは携帯電話と紐付けされているため、クレジットカードより不正利用のリスクが低いためです。

ショッピングするときにサインが不要になることで、今まで以上に支払いがスムーズになります。朝の通勤・通学で忙しく、クレジットカードを出す時間も惜しい人におすすめです。

dポイントが貯まる

さらにdカードminiを使うことで、dポイントを貯めることもできます。100円の利用につき0.5ポイントが付与されます。dカードが100円1ポイントであることと比べると、還元率は半分となり、あまりお得感はありません。

ネットショッピングや月額の固定費支払いなどは、dカードで行うのがベターです。電子マネーの魅力は、決済のスピードにあるのですから。

事前のチャージが不要

一部の電子マネーはプリペイド式なので、残高を確認しながら決済利用しないといけません。しかしdカードminiは毎月のケータイ料金とまとめて請求されるため、事前のチャージは不要です。残高を気にせずショッピングに電子マネーを使えるのは、とても快適です。

年会費は無料

dカードminiは年会費が無料です。初年度も翌年度も無料で、無料になるための条件などもありません。利用者はなんの負担もなく使えるので、まずは試しにdカードminiを利用してみてはどうでしょうか。

dカードminiのデメリット

ここからはdカードminiのデメリット、気になる点を述べていきます。

dポイントの還元率が低い

一つ目のデメリットは、dポイントの還元率が0.5%と低いことです。dカードの半分なので、dポイントをたくさん貯めたい人には向いていません。dポイントを効率よく貯めたいなら、dカードを利用し、キャンペーンなどにどんどんエントリーしましょう。

毎月3万円までしか使えない

二つ目のデメリットは、毎月使える利用額が3万円と少ないことです。そのため家電量販店などで大きな買い物をするのには適していないです。あくまでコンビニやファミレスなどで少額の決済をする手段として使いましょう。

dカードminiの申し込み方法

dカードminiの利用を申し込むなら、スマホにプリインストールされているiDアプリから行います。アプリ内で必要事項を記入することで登録は完了します。電話や郵送による手続きなどは不要です。詳しくはiDアプリからの申し込み方法をご覧ください。

dカードプリペイドとは?

dカードプリペイドは、ドコモの発行するプリペイドカードです。対応ブランドはマスターカードで、基本的にクレジットカードが使えるお店ならどこでも使えます。さらに電子マネーにも対応しており、コンビニ・ファミレスでの決済もスムーズです。

特に決済関連の使いやすさに優れており、こまめに小さな買い物をする人におすすめです。

dカードプリペイドのメリット・特典

ここからはdカードプリペイドを使うことで得られるメリットを軽く解説します。

ローソンでの買い物が4.5%安くなる

まずローソンでの買い物にdカードプリペイドを使うことで、料金が4.5%も安くなります。厳密にはプリペイド決済で3%安くなり、1.5%がポイント還元されます。

クレジットカードの平均的な還元率は1.0%です。それと比べると4.5%も商品が安くなるのが、いかに破格であるかがわかります。

コンビニで買い物をするなら、なるべくローソンでdプリペイドカードを使うようにしましょう。少額の決済とはいえ、4.5%の節約を積み重ねれば、いずれは大きな金額になることでしょう。詳しくはローソンのポイントサービスのページをご覧ください。

毎日の買い物でdポイントが貯まる

dカードプリペイドを買い物に利用することで、利用額200円ごとに1ポイント貯まります。貯まったdポイントは、dポイント加盟店で使えますし、プリペイドのチャージに充てることもできます。dポイントを利用する機会に恵まれているなら、dカードプリペイドを積極的に使いましょう。

電子マネーiDにも対応

またdカードプリペイドは、電子マネーiDにも対応しています。iDに対応しているお店なら、カードをかざすだけで、一瞬で決済を済ませられます。電子マネーならサインも不要で、支払いがスムーズなのも大きなメリットです。

Apple Payにも対応

さらにdカードプリペイドはApple Payにも対応しています。事前に登録しておけば、スマホやスマートウォッチでスムーズに電子決済することもできます。スマホをかざすだけで決済を済ませられるのは非常に便利です。

コンビニ・ファミレスでの支払いを手早く済ませたいなら、ぜひApple Payを導入しましょう。具体的な設定方法については、三井住友カードのApple Payのページをご覧ください。

貯まったdポイントはチャージに使える

さらに買い物を通じて貯まったdポイントは、プリペイドカードのチャージにも使えます。プリペイドカードはクレジットカードの使えるお店ならどこでも使えるため、ポイントを使える自由度が高いです。ポイントの価値は使いやすさで決まります。その点でdポイントは幅広い用途で使えるため、誰にでもお勧めできるポイントサービスと言えます。

12歳以上のお子さんでも使える

そしてdカードプリペイドは12歳以上のお子さんでも申し込みができます。お昼ご飯代として渡しておけば、コンビニなどで簡単に支払いができます。それにクレジットカードと違って、使いすぎることがないので、親も安心してカードを使わせることができますね。

プリペイドカードが使える加盟店

dカードプリペイドが使えるお店は、iDかMastercardの加盟店です。コンビニや大手の飲食店、ドラッグストアなら、ほとんどが対応しています。

dカードプリペイドの使い方

ここからはdカードプリペイドの使い方について説明します。

ウェブサイトで申し込む

まずはdアカウントを作成し、ログインしてから、カードの申し込みに必要な個人情報を入力します。申し込みは三井住友カードのdカードプリペイドのページで行います。

チャージする

カードが届いたら、お金をプリペイドカードにチャージします。チャージの方法は2種類あり、ローソンチャージとマイページチャージに分かれています。ただローソンでチャージすると、200円の手数料が発生するので、マイページからのチャージがおすすめです。

dカードが気になった方へオススメ

「dカードまとめ」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧