ANA SFC修行とは?修行の仕組みからオススメ修行ルートまで解説!

 
クレカキング

ANAカードホルダーなら一度は考える「SFC修行」。 豪華サービスが受けられるSFC会員を目指して飛行機に乗りまくろうか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 今回はそもそも修行って何?というところから修行の具体的な方法まで、SFC修行について解説していきます。

SFC修行って何?

SFC修行とは「ANAの上級会員になるため飛行機に乗りまくり、最終的にスーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)発行を目指す行為」を指します。SFCというのはスーパーフライヤーズカードの略称ですね。

もう少し詳しく解説しましょう。

SFCは一部のANAマイレージクラブ会員だけが発行できる特別なANAカードで、所有しているだけで半永久的にANAの上級会員としてのサービスを受けることができます。

SFCを発行するための条件は、ANAの上級会員であるプラチナメンバー(もしくはその上のダイヤモンドメンバー)となること。
そしてプラチナメンバー以上になるための方法はただ1つ、ANAおよび提携航空会社の飛行機に乗りまくりプレミアムポイント(PP)を貯めることだけなのです。

プラチナメンバーとなりSFCを手に入れるためにひたすらストイックに飛行機に乗りまくる様子がまるで修行のようだ、ということでSFC修行と呼ばれるようになりました。

修行の内容と注意点は?

SFC修行で目指すプラチナメンバーになるには年間(毎年1月〜12月)の間に獲得したPPが50,000PP以上(うち25,000PPはANAグループ運行便利用分)となる必要があります。

50,000PPを獲得するとその瞬間から「プラチナメンバー事前サービス」としてプラチナメンバーとほぼ同等のサービスを受けることができ、翌年度4月から1年間は正式なプラチナメンバーとなることができます。
SFCの申し込みは事前サービス期間でも可能なので、50,000PPを達成した瞬間からSFCカードを申し込むことができます。

プレミアムポイントは搭乗する飛行機の路線、予約クラスによって決まります。一回のフライトで何PP貯まるかはANA公式HPのプレミアムポイントシミュレーションページで調べることが可能です。

ANAの国内線、国際線はもちろんスターアライアンス加盟航空会社運行の国際便でもプレミアムポイントを貯めることができます。ただしプラチナのステータスを獲得するには50,000PPのうち25,000PP以上はANAグループ運行便で獲得したポイントである必要がある点には注意しましょう。

以上のプレミアムポイントの仕組みを理解したら、あとは50,000PPを目指して飛行機の乗りまくるだけ、まさに修行です。

オススメ修行ルートの紹介

ここでは国内線で修行する場合のオススメ修行方法を紹介していきます。
まず前提としてSFC修行に使う路線としてオススメなのは以下の条件を満たしている路線です。

  • PP単価が安い(安くPPが貯まる)
  • 一回のフライトで貯まるPPが多い(早くPPが貯まる)

PP単価とは1PPを獲得するのに何円かかっているかを表した数値です。
PP単価が低いほど金額面で効率的にPPを獲得することができているということになります。修行においてはPP単価6〜10円程度が1つの目安と言われてます。

「一回のフライトで貯まるPPが多い」ですが、これは単純に修行にかけられる時間の問題ですね。
SFC修行を達成する(「解脱」と呼ばれます)にはかなりの回数のフライトをする必要がありますが、当然みなさん普段の仕事などもあるので修行にかけられる時間は有限です。
そのため、いくらPP単価が安くても一回のフライトで貯まるPPが少ないとフライト回数・フライト時間が膨大になってしまい現実的ではありません。効率的な修行のためにはPP単価だけでなく一回のフライトで何PP貯まるのかも重要な指標となります。

以上の条件を満たしている路線として「羽田-那覇」ルートのプレミアムクラス利用がSFC修行を行う人の間ではメジャーです。
なおプレミアムクラスは普通に予約すると非常に高額なため、比較的料金の安い「スーパーバリュープレミアム28」で予約するのがPP単価的にオススメです。

羽田-那覇をスーパーバリュープレミアム28で利用した場合、片道で2,860PP、往復で5,720PPがもらえます。5万ポイントを貯めるには9往復が必要な計算ですね。
ただ、2018年4月にプレミアムクラスの値上げが行われ、プレミアムクラスを使っての修行はPP単価的に見ると少し冷遇されています。

PP単価を下げたい場合は格安運賃の位置付けである「ANA SUPER VALUE」などを織り交ぜることも検討しましょう。
羽田-沖縄でANA SUPER VALUE利用の場合往復で獲得できるプレミアムポイントは2,952PP。プレミアムクラス利用に比べると獲得PPはガクッと減りますが、便を選べばPP単価6円も実現可能なのでPP単価という面では非常に魅力的です。

実際には自分が修行に使える時間とお金と相談しつつ、上記のルートやその他の路線を組み合わせて修行することになるでしょう。基本的には出来るだけ距離のある路線の方がPP単価、獲得PP面で有利になりやすいです。

どのようなルートを選ぶかにもよりますが、修行を達成するのにかかる航空券費用の目安は50万円(PP単価=10円)といったところでしょう。
もちろん修行の時期や路線によってこれよりかなり安くすることも、逆に高くなることもありえます。

まとめ

解説の通りSFC修行にはそれなりの手間と時間がかかります。が、実はかなり多くの人がこのSFC修行を行い実際に達成(解脱)しているのも事実です。
つまりそれだけSFCの特典に魅力を感じている人が多いということですね。
確かにSFC含むANAの上級会員向けのサービスは、ラウンジの利用やスターアライアンスゴールドメンバー資格、特典航空券の上級会員専用枠など旅行好きには非常においしい特典が盛り沢山となっており、修行の大変さに見合うリターンがあると言えるでしょう。
他記事でSFC会員の特典については詳しくまとめているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

「各種クレジットカード別情報」の関連記事
「利用場所で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧