電子マネーとクレジットカードってどこが違うの

電子マネーとクレジットカードの大きな違いは「チャージ」の有無と利用者の「支払のタイミング」にあります。


電子マネーは専用カードや専用アプリに、金額分のチャージをすることで使えるようになります。交通系電子マネーやおサイフケータイなども電子マネーの一種です。電子マネーを取り扱う店舗で現金と同じように利用出来ます。


クレジットカードは後払い方式で買い物の決済ができるカードです。決済時はカード会社がお店側に支払いを済ませ、後日一括で利用者に請求をします。電子マネーよりも使えるお店が多く、国内に限らず国外でも利用できる店舗が豊富です。決済時のほとんどはサインや暗証番号が必要となります。


電子マネーによってはクレジットカードを登録することで、都度チャージを行わなくても良く、ポイントもダブルで貯まるなど便利な方法もあります。併せて利用してみてはいかがでしょうか。

■担当者プロフィール
ファイナンシャルプランナー / 青木 智宏
「お客様のために誠心誠意」をモットーにいろいろなお困りごとの相談にお応えしています。 資格としては、FP技能士、AFP、DCプランナー、簿記を取得しております。

過去の相談内容