銀行に預けても利息が少ないのですが、投資などに回したほうが良いですか?

投資を行うのであれば、現状の資産状況に合わせて、毎月の支出を整理したうえで、いくら投資に回せるのかを計算しましょう。十分な貯金があるのなら投資もおすすめといえます。


ちなみに十分な貯金とは、「年収の半分の貯金はあるか?」「現在抱えている借金(住宅ローン、マイカーローン省く)はないか?」「結婚、住宅購入、引越しなど直近で利用する大型出費のお金は確保できているか?」といった点が基準となります。貯金することができ、なおかつ投資する。というのが理想です。


また、銀行に預けるうえで定期預金と普通預金で利息が違います、さらに預ける銀行によっても利息が違い、定期預金の方が一般的に利息が高く設定されていますが、満期までお金を引き出すことができません。イオン銀行では普通預金の金利が最大で年0.150%になり、定期預金に匹敵する利息となっていたり様々ですので、ライフプランに合わせた貯蓄、投資をされるのが良いと思います。

■担当者プロフィール
ファイナンシャルプランナー / 青木 智宏
「お客様のために誠心誠意」をモットーにいろいろなお困りごとの相談にお応えしています。 資格としては、FP技能士、AFP、DCプランナー、簿記を取得しております。

過去の相談内容